ローターアクトクラブ~明日の日本の為に献血をしよう!~

BRAVI不動産からのお知らせ

中山 和樹

筆者 中山 和樹

不動産キャリア10年

あなたのこだわりをぶつけてください!お客様の理想を一生懸命お探し致します!

こんにちは、中山です。

連日暑い日が続いておりますね~。。。
わたくしは昨日の不動産売買の決済が無事に終わりましたので、本日よりクールビズとしてポロシャツで勤務しております(^^)
昨日は炎天下の中、スーツの上着を着、ネクタイを締めておりましたので、たまらないくらい暑かったです(ー_ー)!!(笑)
マイホームをご購入されましたT様、ご成約誠にありがとうございました♪


ローターアクトクラブ


さて本日お知らせさせていただきますのは『ローターアクトクラブ』についてです。
ローターアクトクラブとは18歳から30歳までの青年男女のための、ロータリークラブが提唱する奉仕クラブのことです。
このローターアクトクラブは日本はもちろん、世界159の国と地域に存在しており、会員数は18万人を超えます!(2005年5月調べ)
ローターアクトの目的は青年男女が個々の能力の開発にあたって役立つ知識や技能を高め、それぞれの地域社会における物質的、あるいは社会的なニーズと取り組み、親睦と奉仕活動を通じて全世界の人々の間により良い信頼関係を推進するための機会を提供することにあります。
同世代の異業種交流から友人もでき、また提唱しているロータリークラブには、普段は接することのできない大企業の役員クラスのロータリアンが多数いらっしゃいますので人脈形成や社会勉強にもなります!

現在日本には33地区にローターアクトクラブが存在し、(秋田県以外の46都道府県に存在する)BRAVI不動産のある大阪(ローターアクトでは第2660地区の大阪北部に分類される)には全21クラブ、約300人のローターアクターがおります。


献血活動


今回はその第2660地区のローターアクター達がちょうど1ヶ月後の7月21日(日)に大阪府下5地点(梅田・難波・京橋・樟葉・大日)で日本赤十字社とコラボして献血の呼びかけ活動を行います!
我々人間は自分で血液を作り出すことはできず、年々減少傾向にある献血者数に比例して輸血用の血液も不足しているのが日本の現状です。
このままでは2027年で85万人分の血液が足りないという状態に陥ってしまいます。。。
輸血用の血液は主に交通事故で怪我をした方に使用されていると思われがちですが、実際のところは全体の約4割の割り合いでガン患者の治療に使われています!
今や日本人の2人に1人がなると言われているガンの治療に使われているとなれば、おのずと献血は他人事ではないと感じていただけるのではないでしょうか?
この機会に献血をしたことがないという方も、ぜひ献血にご協力いただければと存じます!


【採血された血液の約4割がガン治療に使用されています】


BRAVI不動産も店頭の物件のチラシスペースに献血ポスターを貼って応援させていただきます\(^o^)/


【昨夏の献血ポスターを貼らせていただいた時の写真です】



※ローターアクトクラブの詳細はこちら



【明日の日本の為に献血をしましょう!】



【世界中の方の血液型のおもしろいデータです】




”BRAVI不動産からのお知らせ”おすすめ記事

  • ゴールデンウィーク休業のお知らせの画像

    ゴールデンウィーク休業のお知らせ

    BRAVI不動産からのお知らせ

  • 年末年始休業のお知らせの画像

    年末年始休業のお知らせ

    BRAVI不動産からのお知らせ

  • 臨時休業のお知らせの画像

    臨時休業のお知らせ

    BRAVI不動産からのお知らせ

  • 夏季休暇のお知らせの画像

    夏季休暇のお知らせ

    BRAVI不動産からのお知らせ

  • GW休業のお知らせの画像

    GW休業のお知らせ

    BRAVI不動産からのお知らせ

  • 令和四年度年末年始休業のお知らせの画像

    令和四年度年末年始休業のお知らせ

    BRAVI不動産からのお知らせ

もっと見る